ISDN→ADSL→光回線

通信回線は古くはISDN、ADSLと渡り歩いてきた私です。
ADSLにした時にも「速さ」には驚いて、ネットなどもスイスイになり、大きな満足があったんですが、パソコンの能力向上やネットでできる事がどんどん増えてきたこと、そしてなにより「速さ」が追いついてないということを実感してしまったことで、光回線への乗り換えを決意しました。

住んでいる環境が一軒家であったなら、簡単には決断できなかったと思います。
一軒家だと光回線の利用料金がADSLの利用料金に比べてぐんと上がってしまうこともあり、いくら速度が速くても料金が格段に上がってしまってはあまりメリットもないかと思ってしまったと思います。

住んでいる所がマンションであり、しかも導入に時間がかかるといわれる光回線の工事が終わっていて、すでにマンションまで引き入れられているので、あとは家まで引くだけという環境であったことが大きなポイントでした。
そしてマンションの場合は同じマンション内で利用者が多いと利用料金が安くなるというメリットもあり、これにも該当したこともあって背中を押されて決断できたというのもあります。

利用してみて思うことは、なにより「速い」ことです。
これまで少し待たされていた感じだったのが、まったく待つようなこともなくストレスフリーでネットをやれるようになったことは物凄く感動しましたし、いまでも初めて光回線を利用したことを覚えているほどです。
マンションで共用していると回線速度が遅くなることがあるということも聞きますがそんな体感もなく、常に高速で使えている印象です。
この速さを知ってしまうと、もっと速くて料金も手頃なサービスでも出ない限り、変えることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です