フレッツ光Q&A」カテゴリーアーカイブ

フレッツ光に関する質問と回答

nuro光

世界最速光回線(nuro光)を契約する前はスマートフォンとタブレット端末でインターネットを使用していました。
ノートパソコンも持っていましたがスマートフォンのWi-Fiで繋いで利用していました。



ただスマートフォンのWi-Fiは不安定で数台を一緒に繋ぐと速度が遅くなったり繋がらないことも多々ありました。
仕事で使用する都合もありデスクトップのパソコンを購入し、その際に世界最速光回線(nuro光)も一緒に契約しました。
料金はマンションタイプの契約で毎月3千円弱。
いろいろなオプションをつけてもタブレット端末よりも少し安いくらいだったので安定しているならと、これを選びました。
設定も比較的容易にでき簡単に使い始めることができました。
使ってみるとやはり快適でサクサクインターネットを楽しむことができました。
画像がたくさんあるネットショッピングのサイトやオンラインゲームでは顕著に速さを実感できました。
特にオンラインゲームではキャラクターの動きや画面が切り替わる時に読み込むのに時間がかかっていたけれど光回線にしてからはそんなことも無くなり、仲間とチャットをしながらでも画面の動きが鈍くなることはありませんでした。
また、ネットの回線契約時に世界最速光回線(nuro光)を使用したテレビサービスも契約しました。
これは線の接触の問題かたまにエラーになり短時間繋がらなくなることがあります。
けれどそうでない時にはパソコンと一緒に利用していても遅くなったり回線が切れることはありません。
現在は以前使用した解約済のタブレット端末も光回線のWi-Fiに繋いで利用しています。
世界最速光回線(nuro光)にして快適にインターネットを楽しむことができるので契約して本当に良かったと思っています。

光インターネット

光インターネットについて、最近は非常に需要が増えてきているようです。
大きな違いは、ADSLは電話回線を使用していて、光ファイバーは、専用のケーブルを使用して光の点滅で通信を行います。

ADSLのデメリットは
①非常に不安定な通信方法
②基地局までの距離が長いなどの環境で通信速度は大幅に遅くなります。
③比較的ノイズに弱い
④ADSL事業者が、ユーザーが利用しているNTTの収容局にADSL器機を設置してないと使用できない。
⑤ADSLは、アナログ回線だからISDN回線では使用できない。
⑥NTT東日本・西日本が提供する「フレッツ・ADSL」を除いて、他のプロバイダー契約するとプラバイダー変更はできない。

などがあります。

次にメリットは、①初期設定が凄く簡単②電話回線があれば大きな工事もなく利用可能です③月額料金が安い④申し込みからご利用までの時間が早い⑤対応エリアが幅広くほとんど全国で使える。

などがあります。

次は、光ファイバーのデメリットは、①月額料金が高い②モデムの数が増える③そんなに通信速度が速くない④申し込みからご利用までの時間がかかる⑤対応エリアが全国対応でない⑥ファイバ-線が折れると自分での修理は無理などがあります。

次にメリットは、①基地局からの距離とかは関係なく、どこでも通信速度が安定している。

②高速インターネットが利用できるから時間の節約が出来る③同じマンション内での利用者数が多い場合は料金が安くなる。

④上りと下りの両方とも最大100Mbpsの高速通信ができる⑤音楽・映像のダウンロードが速いなどがありますが、ADSLと光ファイバーどちらを選ぶかは出来ないと思った。

両方いい所があるので変更する時はよく考えた方がいいですよ。
光インターネットの申込は↓


◆光インターネットで快適ネット生活

ADSLから光インターネットに切り替えたけど、あまりスピードは変わらないという人もいると思います。このような人の場合には、回線速度以前の問題があるでしょう。

インターネットの体感速度は色々なものに影響されます。光インターネットが速いというのは、あくまでもモデムまでの話です。モデムまでは高速でデータがやってきたとしても、そこからルーターに入り、LANケーブルを通ってハブに入り、ハブからさらにLANケーブルを通ってパソコンにたどり着くのですから、その間のそれぞれの速度を上げなければなりません。

パソコンがあまりにも古いものであったのなら、回線をどれだけ速くしても、処理事態が遅れますから、体感速度はそれほど速く感じることはないと思います。

パソコンもそこそこ最新のものであるにも関わらず、高印速度はADSLの時と変わらないという人もいると思いますが、その場合にはルーターやハブ、あるいはLANケーブルなどが速度を低下させているのかもしれません。

ルーターもハブもLANケーブルも、それぞれ速度の限界があります。光インターネットに切り替えたとき、モデムは専用のものを設置していると思います。

もしも古いルーターを使っているのなら、光に対応したルーターを導入することによって、格段にスピードがアップする可能性もあります。

また、LANケーブルはどれでも同じだと考えている人も多いようですが、LANケーブルを交換することでも速度がアップする可能性もあります。

プロバイダとは

プロバイダとはインターネット接続業者のことです。通称:ISPと呼ばれます。
簡単な図で表しますと、
「パソコン」—「回線」—「ISP」—「ネット」

・回線・・・「パソコン」と「インターネットの世界」とを繋ぐ線
(フレッツ光はこの部分のサービスとなります。)
・ISP・・・これが「プロバイダー」です。
・ネット・・・インターネットの世界です。
となります。
要するにプロバイダーは、「パソコン」と「ネット」の世界を繋げる道の途中にいる「門番」です。
このプロバイダーに申し込まないと、通行手形がもらえません。
なので、プロバイダーは申し込まないとインターネット世界への道はあるのに、門番のところから先へは行けないのです。

フレッツ光とは

「フレッツ光」とは、NTT東日本・NTT西日本の光ブロードバンドサービス(アクセス回線)の総称です。
「Bフレッツ」「フレッツ光ネクスト」「フレッツ光プレミアム」を合わせた総称となります。

インターネットご利用には、
①回線の契約と②プロバイダの契約が必要になります。
①回線の契約には初期費用(契約料840円、初期工事費2100円)、月額利用料(2500円~)が必要となります。
プロバイダの契約には月額利用料(780円~)が必要となります。